格安航空ピーチアビエーションの歴史

trhtsh
格安航空券を利用出来る航空会社として、ピーチアビエーションがあります。
通称ピーチ(Peach)です。
そう言えば聞いた事がある!あのピンク色の機体だ!と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ピーチアビエーションは、日本で初めてのLCC(格安航空会社)なのです。
関西空港を拠点として日本で初めての格安航空会社としてブランド名をPeachとしている、ピンク色の機体が特徴的なLCCです。

ピーチアビエーションとは?

ykkf
ピーチアビエーションは、2011年2月に設立された航空会社を元に、同年5月に商号をピーチアビエーションに変更しています。
ピーチアビエーション発足当時は、なかなか受け入れられず、珍しさから利用する方が多かったようですが、ANAホールディングスが筆頭株主である等の信用を得て、定期的な就航まで辿り着いたと言われています。
2011年当時は、LCCの存在そのものが海外から乱立するような時代でもあり、元々日本にあった大手航空会社からは良い関係性は築けなかったようです。
ですが、海外からも様々な分野での協力者を得て、更に日本のANAグループからは、乗務員の訓練等の協力をしてもらいながら現在まで成長を遂げた格安航空会社です。

ピーチアビエーションが現在に至るまで

就航開始の翌年からは様々なトラブルが発生し、新しい格安航空会社を作る事の難しさを世に知らしめたような印象があります。
例えば、予約受付開始時における通信のトラブルや、インターネット予約が中心と言う新しいシステムの導入の問題、航空券の払い戻しが出来ない制度などでは、常に注目を浴びて、報道される事も多かったと言えます。
しかし、こうした様々なトラブルや不具合をその都度クリアして来たからこそ、現在のピーチアビエーションが確立されたと考えると、これも起こるべくして起こったものと言う印象も受けます。
その他にも様々なトラブルがあり運航停止の危機もありましたが、それらをすべてクリアして現在に至ります。

ピーチアビエーションが注目されるようになった理由

jytdjy
就航開始から2年後の2013年には、テレビドラマへの協力を行いました。
この時のテレビドラマは、話題となっていたLCCをテーマにした作品で、日本では初めての試みだったこともあり、実機での撮影が行われたことでも多くの話題を集めました。
その後は、様々な有名人、芸能人、地域や企業とのコラボを繰り返し、事ある度に話題となるようになったのです。
またその他では、機内アナウンスに大阪弁を使用する場合があったり、客室乗務員の身だしなみについての就業規則が緩い事や、年齢、性別、国籍をと合わない事などでも話題となり、他の航空会社と比べて、賛否両論ではあるものの、型破りな企業であると言われるようになったのも注目される理由の1つでしょう。

日本のLCCの基礎となったピーチアビエーション

歴史を振り返れば、スムーズな発展を遂げてきたとは言いにくいものの、常に時代の最先端とコラボする相手との間で両者の間で利益が生まれるよう配慮し続けて来た事で、LCCと言う存在の基礎を築いてきたと言っても過言ではない存在です。
LCCが安いなりの飛行機、と言う物では無く、型破りながらも融通の利く航空会社である事を証明した存在なのです。
確かに安さを売りにしているので、日本の大手航空会社に比べれば難を感じる部分もあるかもしれませんが、日本初のLCCとして安全と信頼、それに今後の発展が楽しみな格安航空会社だと言っても良いのではないでしょうか。
関西空港を拠点としているだけあって、今後は度肝を抜かれるような奇抜なコンセプトを打ち出してくるかもしれませんし、そう言った意味では、今後の動向から目が離せない格安航空会社であるとも言えるでしょう。
格安航空券サイト 国内航空券の最安値販売は空旅.com【http://www.soratabi.com/】